ホーム > 事業所案内 > 代表者紹介

代表者挨拶

代表 中村 奈都

戦後の高度経済成長、バブル経済の発展から崩壊、リーマンショックと、日本経済や世界経済の変動とともに、そこで暮らす人々の生活環境も様変わりしてきました。

また、女性の社会進出、定年年齢の延長、高齢者の雇用延長、外国人労働者の増加と労働の担い手人財も多岐にわたるようになり、これまでの終身雇用制度下での雇用管理スタイルでは対応しきれないものとなっております。

更に、労働者側の意識も変化し、終身雇用制度による生涯企業戦士として働く帰属意識から、個人の人生設計を重視したオーダーメイドな職業人生設計が必要となっております。

「今までうちの会社はこのスタイルでやれたから、これからも何も変える必要はない。」と考えておられる経営者もいらっしゃいますが、働き方改革法が制定されたことにより、企業規模・人数にかかわらず対策が求められております。

 世の中は常に変化し、人も変化し続けており、これらの変化に合わせた人の採用、指導、雇用管理がより必要となってきています。

オフィス エルベエーテは長期的な支援で会社の成長と発展を支えていくことが使命と考えておりますので、会社の発展を願いながら「丁寧で効果的な仕事」を心掛けております。労働法に沿ったアドバイスや報酬に対する考え方にご理解をいただいたお客様とのパートナーシップを大切にさせていただいております。

中村奈都 プロフィール

出身地 石川県
最終学歴 金沢大学法学部卒業
信条

過去の職場経験からストレスフルな現代社会を実感したことを切っ掛けに、「経営者も従業員もみんなが幸せに働ける環境」を作り、「心豊かに働ける社会」の実現をしなやかに行っていく。

社会保険労務士になった切っ掛け 当時話題となった年金問題から社会保険労務士の資格に興味を持ち、大学在学中に社会保険労務士試験に合格。
職歴及び業務経験

学卒業後、労働保険事務組合を初めに、民間企業での総務人事業務、非営利団体でのものづくり補助金事務局、社会保険労務士事務所で助成金申請や就業規則作成等幅広い業務を経験。

就業規則作成のほか、労働法に沿った社内整備支援、問題社員対応へのアドバイス、ハラスメント対応を得意とする。

保有資格 社会保険労務士、AFP(2級ファイナンシャルプランニング技能士)
趣味

書道(2014年開始)。

週1回のお稽古でオンオフのメリハリができることや、「今に集中する」といった、マインドフルネスの要素がお気に入り。

趣味であろうと真剣に取り組んで挑戦していく自分の性格の表れか、開始2年目で公募展の産経国際書展へ応募し、秀作賞入賞。その後落選も経験し、その悔しさをバネに4年目に再度入賞。趣味も仕事も常にレベルアップを図っている。

ページトップへ戻る